浮気調査しました。

MENU

浮気調査しました。

浮気調査といっても、探偵を雇ったとか、探偵事務所に相談したとか、興信所を利用したとかというわけではありません。今では、こういう業種のホームページで、浮気調査する方法が掲載されていたりしますので、参考にするとよいと思います。

 

 

それで、納得のいくまで自分で調査してみて、無理なら頼めば良いかなって思います。

 

 

 

でも私の時は、今ほどは充実していませんでしたので、とにかく高いっていう印象が強かったです。

 

 

なので、自力で浮気調査をしようって思ったんですね。今から考えれば、無謀ですが‥

 

 

 

で、夫は浮気しているっていう確信があったのですが、それを事実として突き付けなきゃ、のらりくらりと浮気の言いわけとかしてにげられるな、って思ったんです。

 

 

 

だから、浮気の証拠探しに走りました。

 

 

具体的に、どんな証拠を探したかといいますと‥

 

 

  1. 携帯メール
  2. 携帯の着信
  3. パソコンのメール
  4. 家の電話の履歴
  5. 領収証
  6. お店の備品
  7. アリバイ
  8. 証言

 

 

です。

 

 

1〜3

 

 

1〜3は、浮気調査には必須だと思いますので、全部一緒に説明します。

 

 

 

私の場合は、運よく夫が携帯ロックをしていないときにメールを見ることができ、それを自分の携帯やパソコンメールに転送できました。

 

 

「運よく」と書きましたが、それは、準備に準備を重ねたうえできた幸運でした。

 

 

 

世の中の旦那には不届きにも携帯をロックして、見れないようにする人もいるそうなのですが、私の夫もその可能性はある、と踏みました。

 

 

だから、まずは夫の携帯の操作から覚えました。

 

 

どうやって?

 

 

 

携帯ショップで夫の携帯と同型のものをいじり倒したんです。

 

 

 

さらに、こっそりと契約して、ロックの仕方、メールの送受信方法、履歴の見かた、アドレス帳の見方まで、自分の携帯のように扱えるまで練習しました。

 

 

なぜここまでしたかといいますと、チャンスの時間は少ない、と思ったからです。

 

 

私の夫は言い訳が上手です。口げんかでは必ず夫曰く「論理的に」私が間違っている事を指摘して、私の負けにしてしまいます。

 

 

 

 

だから、「浮気してるんじゃない?」みたいなことを言って責めると、必ず浮気の言いわけをするにきまってる、そう思っていました。実際、夫はそのころには完全に不倫ドラマとか、浮気関係の話から逃げていましたから。

 

 

 

このため、浮気のゆるぎない事実をつきつけて、反論する隙を与えないようにしようって、思ったんです。

 

 

 

そのためには、携帯のメールや履歴を、夫がお風呂に入る隙に、見る必要があったんです。寝る時は、枕元に置いていたので、見つかる可能性があったので‥

 

 

 

夫の浮気の証拠を発見して、私の携帯やパソコンメールに転送し、印刷して、浮気の証拠としてつきつけてやりたかった。

 

 

時間はおよそ10分間でした。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、この浮気調査の段階では、夫の浮気を許すとか、そういう事は全く考えていませんでした。

関連ページ

初めはちょっとした疑問から
夫の浮気の兆候は、最初は些細なことでした。
浮気の疑惑が確信へ変わった理由
夫の浮気の兆候が疑惑に変わり、そして確信に変わった理由です。
夫の浮気への不安、浮気からの不安
夫の浮気に関する不安はこんなにありました‥
浮気をしない誓約書を書かせようとしました。
夫の浮気の兆候について覚えていることを、日記からできるだけ抜き出して書きます。
夫の浮気を許す方法を実践しました。
夫の浮気を許す方法は、夫から愛される方法でした。